ニュースレター Vol.68 – 2019年 4月号

ニュースレター Vol.68 が出来上がりました。


こちら
からダウンロードいただけます。

編集後記:
ハワイでは、違法なバケーションレンタルの税徴収を強化する法案がハワイ州議会と上院で承認されました。先日は、ラニカイビーチの邸宅オーナーがバケーションレンタルサイトの詐欺被害に遭ったことから、自らニュースに出演してインタビューを受け、注意を呼びかけていました。ホノルル市でも、高級レジデンシャルコンドがバケーションレンタルサイトで宣伝されている不可解な事態を見かけました。ハワイのホテルは、地元をはじめ日本やニューヨークの投資会社からの投資が加速しています。以前はWホテルとして知られていた、ワイキキのゴールドコーストにある現アクア・ロータス・ホノルル・ホテルは、地元のマックノートングループが3000万ドルで買収。ブラックサンド・キャピタルは、ニューオータニ・カイマナビーチホテルのリース資産を2400万ドルで購入。ホノルル動物園近くのエバホテルは、日本の投資会社が買収(オーナーと売却額は現在未公開)。ハワイ島のコートヤード・バイ・マリオット・キングカメハメハ・コナビーチホテルは、ニューヨークのブラックストーン社が買収などです。三井不動産によるワイキキの新しいホテル、ハレプナワイキキ(旧ワイキキパークホテル)は、秋の開業に向けて宿泊予約を開始しました。

<Source: Pacific Business News>