2020年8月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2020年8月 オアフ島の不動産統計

住宅市場はコロナ禍で複雑な動き

ホノルルリアルター協会(HBR:Honolulu Board of REALTORS)は、8月のオアフ等の販売状況をニュースリリースでレポートしました。2次感染拡大の中で、全体的には順調な回復を示しており、特に既存戸建て住宅の中間販売価格(Median Sales Price)は839,000ドルの高値を記録し、前年8月の790,000ドルから6.2%上昇しました。一方、コンドミニアムは回復までに時間がかかりそうです。

「オアフ島の不動産市況は、在庫数が少ないにもかかわらず、バイヤー(買手)の購入意欲は引き続き高く、史上最低金利との相乗効果により既存戸建て住宅市場に需要が殺到している。コロナ禍においても住宅価格は上昇しており、バイヤーは低金利を活用しようと市場に殺到しており、セラー(売手)にとってはまたとないチャンスだ」と、2020年HBR会長のトリシア・ネコタ(Tricia Nekota)女史は語っています。

戸建ての販売(Closed Sales)は、ロックダウンした5月の248戸(4月も同戸数)を底に、毎月徐々に回復してきました。前年8月との比較でも2.8%の増加です。しかし、新規の販売物件数(New Listings)は伸び悩んでおり、前年同月比で20.0%減少しました。物件が販売されてから成約されるまでの日数(DOM:Median Days on Market)は15日、前年比では44.4%も短縮されました。

一方、コンドミニアムの販売戸数は409ユニットで、戸建ての回復力には追いつかず、前年8月の512ユニットから20.1%の減少、前月7月との比較でも4.0%減少しました。しかし、販売価格は前年の419,500ドルから2.5%上昇し、430,000ドルになりました。新規の販売物件数も、コンドミニアムは増加しました。7月の657ユニットから696ユニットへ5.9%増加しましたが、前年比では−10.5%、1月から8月までの通年(YTD:Year-To-Date)では−19.0%でした。成約されるまでの日数は23日、前年8月の22日とほぼ変わりませんでした。

戸建て市場はこの3ヶ月間で、販売戸数の43%が満額あるいはそれ以上の成約価格になり、前年同期の35%を上回りました。もともと、オアフ島では戸建ての需要が高かったのですが、米国本土と同様に、新型コロナウイルス感染症の拡大がバイヤーの心理に「限られた空間よりも解放された空間へ」「都心のコンドミニアムから郊外の戸建てへ」と、影響を与えているようです。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

2020年8月 オアフ島の不動産統計

<Source: Honolulu Board of REALTORS>