ハワイ・マンスリー

ハワイ・マンスリー No.86 2020年10月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:
二度目のロックダウンが9月24日に解除され、テイクアウトやデリバリーが主流だった飲食店もようやく店内営業ができるようになりました。10月15日からは事前テストプログラムが始まり、ハワイ州に到着する72時間前以内に受けたPCR検査の陰性結果を持参すれば自主隔離が免除されるようになり、徐々に訪問者が増えています。残念ながら今年は、12月13日に開催予定だったホノルルマラソンの中止と延期の検討が発表されましたが、1980年代から休眠していた長谷工による住宅建設プロジェクトがロイヤルクニア地区において再始動するようです。これにより、211エーカーの土地に1,850戸の住宅が建築されます(地元経済紙パシフィックビジネスニュースより)。

ハワイ・マンスリー No.85 2020年9月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:
9月に入りましたが、ホノルルはまだしばらく暑い日が続きそうです。自主隔離は、9月下旬にようやく解除されました。閉鎖されていたビーチパークは再び散歩できるようになり、レストランも店内営業を再開しました。それでも地元民は、どちらかというとテイクアウトの方が主流のようです。デリバリーサービスを始めるレストランも増えてきました。日本や米国本土の状況をニュースで見ると、ハワイは町全体が本調子ではないような雰囲気ですが、他州から転居されてくるお客様をお手伝いする機会も増えてきました。オープンハウスは、マスク着用で一度に5名までの内見ができるようになりました。

ハワイ・マンスリー No.84 2020年8月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:
ホノルルは8月も引き続き、島外からの訪問者に2週間の自主隔離を義務付けており、国際線は帰国できなかった乗客の救済便として、限られた便数が運航されるようです。飲食店の屋内営業は徐々に再開されましたが、8月27日にホノルル市長がステイアットホーム第二弾を発令したため、27日からの営業はテイクアウトとデリバリーのみとなりました。公立学校は5ヶ月間の自宅学習と夏休みを経て、8月17日から再開したばかりでしたがオンラインの授業に切り替えられ、不動産業業界はオープンハウスを控えるよう通達されました。

ハワイ・マンスリー No.83 2020年7月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:
6月に一部の飲食店やビジネスが再開したことから、7月には徐々に通常の生活に戻ることを期待していましたが、ハワイ州知事は州外からの訪問者を2週間の自主隔離なしで受け入れることを9月1日まで延期しました。ニューヨーク・タイムズによると、ハワイの感染者数は全米で2番目に少ないのですが、感染者は毎日増え続けています。昨年10月に着工したカカアコの「イリラニ」は当初、アフォーダブル住宅(購入者の所得制限があるコンドミニアム。申し込み審査及び抽選を通過した人だけ購入できる)のバイヤーを対象に最低販売価格を打ち出し、応募倍率は3.5倍になりました。しかしコロナ渦の影響でキャンセルが続出し、328戸中101戸が売れ残ったため、販売対象を地元の一般市民に変更しました。また、五つ星ホテルとして知られるハレクラニホテルは、改装工事のため来年7月まで休業するとのことです(参照:パシフィックビジネスニュース)。

ハワイ・マンスリー No.82 2020年6月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:
ホノルルでは 6月5日から、ようやくレストランの店内営業が再開されました。通常よりもテーブルの間隔を開けて混雑しないように配慮し、マスクと手袋をしたスタッフがサーバーでお料理を運んでくれます。ヘアサロンやネイルサロン、歯科の定期検診なども再開し、マスク着用や手の消毒を常に意識するライフスタイルが人々に定着してきたようです。コンドミニアムによっては、住民に限りエクササイズルームを開放しているところもあるようです。ビーチや公園では、家族でBBQやパーティを楽しむ人をよく見かけるようになりました。物件のオープンハウスは、マスク着用と人数制限を行うことで可能になりました。ハワイは、外部から島内へ訪れた人に自主隔離を義務付ける措置を7月31日まで延期した唯一の州です。お客様から止むを得ず旅行をキャンセルされたお話を聞くたびに、移動の難しさに胸を痛めておりますが、早期の復興を祈りつつ皆様のお越しをお待ちしております。

ハワイ・マンスリー No.81 2020年5月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:
5月に入り、ようやく散歩やウォータースポーツを楽しむ人が増えてきました。ハワイの不動産業界では、実際に内見が難しいケースに対応するため、案内のツールとして3Dスキャンカメラを使った立体画像を提供する機会が急増しています。オープンハウスなども一般公開が規制されており、ZoomやFace Bookを通して内見できる仕組みが整ってきました。米国の住宅ローン金利(居住者専用の30年固定タイプ)は、米国史上最低値の2.65%を記録しました。コロナウイルスの感染第二波が心配される先行き不透明な年ではありますが、今できること、楽しめることにフォーカスして前向きに進んで行きたいと思います。ハワイでお会いできることを楽しみにお待ちしながら、1日も早く事態が収束することを祈っております。

ハワイ・マンスリー No.80 2020年4月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:
3月に引き続き、4月も新型コロナウイルス感染症対策として州政府から自宅待機を要請され、殆どの公共機関が閉鎖されていますが、中旬ごろからマスクを着用して公園の散歩ができるようになりました。生活にメリハリを付ける意味で毎日1時間ほど散歩に出かけるようになり、もうすぐ1ヶ月になります。ゴールドコーストやワイキキ、アラモアナの海岸沿いを歩くたびに、〝これぞハワイライフ〟と改めて実感しています。滅多にしない料理に挑戦してみたり、これほど健康的な日々を過ごすのはアメリカ生活33年の中で初めてではないかと思います。仕事の打ち合わせは全てビデオで行い、この時期にハワイにお迎えするはずだったお客様との交流はスマホを通して安否を確かめ合う状況ですが、無事にこの時期を乗り越えられますよう祈っております。

ハワイ・マンスリー No.79 2020年3月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ハワイでは州知事と市長が自宅待機を発令しました。不動産は特殊業務として例外的に個別内覧を行っていますが、ビデオ会議や在宅のデスクワークでのやりとりが主な活動になりました。全世界はこれまで誰も経験したことのない困難な局面を迎えることになり、事態の収束と全ての人々の安全、健康をひたすら願っております。

ハワイ・マンスリー No.78 2020年2月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:
ハワイの2月は一年を通して概ね涼しい時期ですが、最近は突然の集中豪雨を伴うことが多く、内見や屋外のイベントで晴天に恵まれるとホッとします。
マンダリンプロジェクトの起工式当日も晴天に恵まれ、カフナと呼ばれるハワイの神官が祈りを捧げてプロジェクトの無事を関係者一同で願いました。このエリアではアズーレやスカイ・アラモアナ、セントラル・アラモアナの着工が始まっており、来年から再来年にかけて瀟洒な町並みに変貌して行くでしょう。
2月末には弾丸出張で東京を訪れた際に、滅多に会えない姪の卒業祝いを少し早めにすることができました。ハワイではブーゲンビリアがあちらこちらで鮮やかに咲いていますが、日本はもうすぐ桜が見頃ですね。先日、ホールフーズでチェリーブロッサムという種類のボディソープを見つけました。ハワイで日本の春を感じた一瞬でした。

ハワイ・マンスリー No.77 2020年1月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:
明けましておめでとうございます。
私事ですが、年の始めにハワイ出雲大社へ初詣と結婚記念の感謝を込めて参拝するようになり、早くも10年が経ちました。この間に、ハワイは随分と住宅状況や町並みが様変わりしました。
地元経済紙PBNの記事によると、昨年のオアフ島の不動産市況は、一昨年と比較すると堅調かつ横ばい状態でしたが、今年は「需要が供給を上回る限り概ね良い年になることが期待される」と、不動産と金融業界のスペシャリスト7名による年次CCIMIREMセミナーで予測されたようです。
弊社で販売代理を行っているマンダリンオリエンタル・レジデンス・ワイキキのショウルームが完成しました。ハワイで皆様をお待ちしております。2020年もどうぞよろしくお願い申し上げます。