不動産ニュース

2022年10月の不動産Movement (Market Stats No. 26)

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移、統計をまとめました。

Honolulu Market Stats No.24 2022年11月号
PDF資料はこちらからダウンロードできます。

ハワイ・マンスリー No.109 2022年9月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:カメハメハスクール財団 (Kamehameha Schools: 旧ビショップエステイト – Bishop Estate) が所有するカカアコ (Kakaako) 地区の土地の一部は、地元の開発業社コバヤシグループ (Kobayashi Group: ハワイの日系ファミリーによるデベロッパー&投資法人) によるラグジュアリーコンドミニアム「アリア (Alia) 」の建設計画が今年3月に発表されましたが、9月初旬に建築許可が下りたことが発表されました。中旬にはハワードヒューズ (Howard Hughes) 社による「コウラ (Koula) 」が竣工し、アラモアナ通り (Ala Moana Boulevard) 周辺は建設ラッシュが続いています。ワイキキのホテルでは、深刻な人手不足により500人以上の人材が必要な状況です。入国規制の緩和に伴い、海外旅行者やビジネス出張の人たちに対応できる体制が急がれますが、アメリカホテル協会 (American Hotel & Lodging Association)によると、ホテル業界の求人では賃金アップなどの待遇改善が欠かせないものとなっているようです(地元経済紙PBN)。

U.S.R.E. ニュースレター No.37 2022年9月号

全米の不動産市場のホットな話題を、毎月お届けします。
エリア別の販売状況・価格推移から今後1〜2カ月の市場予測まで、ここでしか読めない貴重な情報を満載!

U.S.R.E. ニュースレター No.36 2022年9月号
PDF資料はこちらからダウンロードできます。

ハワイ・マンスリー No.108 2022年8月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:ハワイの公立学校は8月1日から新学期が始まりましたが、マスク着用は任意となったようです。ハワイ州は米国では最後までマスク着用を義務付けていましたが、規制が緩くなってきました。カカアコでは、ハワードヒューズ社が開発しているワードビレッジ内で10棟目のプロジェクト「カラエ (Kalae) 」の建設計画がDBEDT (ハワイ州産業経済開発観光局) から承認されました。竣工は2025年、45階建てでユニット総数330戸を予定しており、「ワードビレッジ内でも最高級クラスのコンドミニアムの1つになる」と言われています。(地元経済紙PBN)

U.S.R.E. ニュースレター No.36 2022年8月号

全米の不動産市場のホットな話題を、毎月お届けします。
エリア別の販売状況・価格推移から今後1〜2カ月の市場予測まで、ここでしか読めない貴重な情報を満載!

U.S.R.E. ニュースレター No.36 2022年8月号
PDF資料はこちらからダウンロードできます。

2022年8月の不動産Movement (Market Stats No. 24)

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移、統計をまとめました。

Honolulu Market Stats No.24 2022年9月号
PDF資料はこちらからダウンロードできます。

Honolulu Now! No.22 2022年8月号

「Honolulu Now!」では、エリアをクローズアップしてお勧めの物件をいくつかご紹介いたします。


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

ハワイ・マンスリー No.107 2022年7月号

「ハワイ・マンスリー」は現地の不動産情報を中心に、政治・経済・文化・環境・ライフスタイルなど、旬の話題を毎月お届けします。”ハワイの本当の姿” をお伝えするニュースレターです!


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

編集後記:アメリカはこの40年で最も高いインフレに見舞われ、ハワイは生活コストが最も高い州にランクされました。先日ガソリンスタンドで給油をしたら、満タンで100ドルを超えてしまい、物価の急激な上昇を改めて実感しました。ハワイ州産業経済開発観光局(DBEDT: Department of Business, Economic Development and Tourism)が発表した渡航者統計速報によると、今年7月のハワイ州への渡航者数はほぼ2019年並みに戻りましたが(92.4%: 919,154人)、日本からの渡航者は22,536人(内74.8%がリピーター)でした。日本からの渡航者数が2019年のレベルまで回復するには、円安がおさまり、かつ日米間の渡航条件が緩和される必要があるので、しばらく時間がかかるでしょう。このような状況ですが、今月は沢山のお客様と再会できたことが何よりも嬉しく、大きな励みになりました。

HI 5-0 Today’s Real Estate News No.54 2022年8月号

弊社が発行する「トゥデーズ・リアルエステイト・ニュース」は、いま米国社会で起きているさまざまな出来事から、消費者のトレンドや市場のトレンド、さらには住宅不動産に関するマメ知識まで、独自の視点でピックアップして紹介しています。


PDF資料はこちらからダウンロードできます。

マーケット・アップデイト No.41 2022年8月号

オアフ島を中心に、ハワイ州内の戸建て・コンドミニアムの最新の販売状況を、毎月お届けします。
現地のリアルなマーケット情報をご一読ください!

マーケット・アップデイト No.41

PDF資料はこちらからダウンロードできます。