オアフ不動産Movement

2020年5月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2020年5月 オアフ島の不動産統計

オアフ島の不動産販売は正常化へ

戸建て住宅やコンドミニアムの販売戸数は前年を下回ったものの、新規の販売物件数や成約物件数は前月より増加。

2020年のホノルルリアルター協会(HBR:Honolulu Board of Realtors)会長、トリシア・ネコタ(Tricia Nekota)女史は、「前年との比較では、販売戸数は減少したものの、中間価格は例年より少ない在庫数と高い需要に支えられて現状を維持しており、想定内の結果でした。ホノルルを含めてハワイ州全体で、回復の兆しが見えています」と述べました。

販売に関しては、ホノルルの中間価格帯に当たる600,000ドル〜800,000ドル台の戸建てで前年対比26.3%減少しましたが、高額価格帯の1.4Mドル以上の物件は前年とほとんど変わりませんでした。コンドミニアムは全ての価格帯で30%以上の減少になり、特に1Mドル以上の価格帯は85%の下落幅になり、2019年5月の販売戸数40に対し6ユニットと、大幅な減少になりました。

前年対比で販売戸数は減少しましたが、明るい兆しとしては、戸建ての需要は引き続き好調で、販売されてから成約までに掛かる日数(DOM:Days on Market)が最短の13日になりました。3月及び4月に、マーケットから一旦引き上げられた販売物件は全体の30%もありましたが、5月末までに再びマーケットに戻ってきたことにより、販売物件総数は4月に比べて17%も増加しました。

5月の成約件数は4月より32%増加し、30年ものの固定金利も5月末には3.15%にまで下がりました。消費者心理がこの歴史上最も低い金利を見逃すはずはなく、全米の住宅ローンの申請件数は4月から54%も上昇、前年5月との対比でも18%上昇しました。

また、ネコタ女史は「週末開催の一般向けのオープンハウスが、ホノルル市長の許可を得て6月5日から再開しました。新しい生活の中、私達の最優先事項はお客様やエージェントの健康管理にあるので、CDCのガイドラインに則り、ソーシャル・ディスタンシング、マスクの着用や入室時の手の消毒、入室人数制限などを厳守しながら進めていきます」と語りました。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

2020年5月 オアフ島の不動産統計

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2020年4月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2020年4月 オアフ島の不動産統計

COVID-19はオアフ島の不動産販売にも影を落とす

ホノルルリアルター協会(HBR:Honolulu Board of Realtors)は最新のニュースリリースで、オアフ島の4月の販売状況を発表しました。それによると、4月の既存住宅全体(戸建て、コンドミニアム&コープ)の販売数は、戸建てとコンドミニアムそれぞれで20%以上の減少になりました。新しい販売物件、アクティブリスティングも、前年比で42%の大幅な減少になりました。

「想定していたことではありますが、4月の販売状況は販売戸数だけでなく、在庫数(inventory:市場に出ている販売可能な物件数)も減少し、新型コロナウイルス感染症の影響をまともに受けました」と、HBR会長のトリシア・ネコタ女史は語っています。

しかし、販売価格の中間値は戸建てが809,000ドルで、2019年4月の766,750ドルから5.5%上昇しており、コンドミニアムも同様に前年同月比で7.4%上昇し、418,950ドルから450,000ドルになりました。

今後、市場に出てくると予想される新しい販売物件に関しては、3月23日から施行された自宅待機条例(Stay-at-Home Act)の影響を受けて、当分の間は物件数の減少が続くと思われます。特に、高額な100万ドル以上の価格帯のリスティング数は、前年との比較でも戸建てとコンドそれぞれで51.4%、58.1%の減少です。

住宅ローンの利率が歴史上最低値を記録している今の時期は、物件を購入するにはまたとないチャンスですが、今回の新型コロナウイルス感染症の影響による失業などもあり、金融機関は審査基準を厳格化し始めています。

自宅待機条例が施行されてから販売された戸建ての物件は全体の26%でしかなく、前年の同時期は41%もありました。コンドミニアムも同様で、条例が施行されてから販売された物件数は全体の24%と、前年の37%からは大幅に減少しました。

「これらの状況を見ると、売主も買主も、現況の把握と今後市場がどのように進展していくのかを見守っているように見えます。自宅待機条例が解除され、それまでの日常生活へ戻っていく段階で、落ち着きを取り戻すことができれば、不動産市場も以前のような活況を取り戻すことができるのではないでしょうか」と、HBR会長は述べています。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

2020年4月 オアフ島の不動産統計

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2020年3月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2020年3月 オアフ島の不動産統計

3月のオアフ島の中間価格は引き続き上昇傾向

3月の戸建ての中間価格は810,000ドルで、前年同月の782,500ドルから3.5%上昇し、コンドミニアムは435,000ドルになり、同様に昨年の429,000ドルから1.4%上昇しました。
「この金額は、マーケットが好調なことを示しているように見えますが」と、ホノルルリアルター協会(HBR:Honolulu Board of Realtors)の2020年会長、トリシア・ネコタ女史は前置きし、続けて「この売却済物件の多くは、成約してからエスクローがクローズするまでに30日あるいはそれ以上の期間を経過した物件で、ホノルル市長による「自宅待機&在宅勤務」条例が出る前のものであり、その後の変化を正確に反映していません。実際、新規のリスティングは二桁も減少しており、4月には全く異なる状況になるかもしれません」と述べています。HBRは市の条例に従って、3月24日に不特定多数が集まるオープンハウスを4月30日まで中止することにしました。通常の内覧は事前に予約を受けて細心の注意を払って個別に行い、物件のプロモーションはビデオなどを利用したバーチャルツアーを行っています。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

2020年3月 オアフ島の不動産統計

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2020年2月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2020年2月 オアフ島の不動産統計

2月のオアフ島の住宅市場は好調を維持

ホノルルリアルター協会(HBR:Honolulu Board of Realtors)は、「2月の既存戸建て住宅の販売は、前年同月との比較で18.8%増加し、コンドミニアムは、同様に前年比で1.9%減少した」と発表しました。

また、HBR会長のトリシア・ネコタ女史は「新型コロナウィルスが経済や住宅市場に与える影響や落ち込みは、今後の動向を注視していかなければならない」と述べ、「何れにせよ、マイホームを購入するバイヤーが、米国の歴史上で最も低い金利になっている今の時期を見逃すはずはないだろう」と見ています。

モーゲージ(住宅ローン)の金利は歴史的に見ても低く、3月第1週の「30年固定金利」は3.29%まで下がっています。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

2020年2月 オアフ島の不動産統計

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2020年1月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2020年1月 オアフ島の不動産統計

1月の既存住宅は販売戸数、価格ともに上昇

ホノルルリアルター協会 (HBR:Honolulu Board of Realtors) は、「戸建てやコンドミニアムなどを含めた既存住宅全体の1月の販売戸数は、前年同月との比較で12.6%増加した」と発表しました。戸建ては7.7%、コンドは16.3%の増加です。中間価格は、戸建てが770,000ドルで前年比0.3%上昇、コンドは429,000ドルで同7.5%上昇しました。

HBR会長のトリシア・ネコタ女史は「オアフ島の不動産市況はとても活発で、販売戸数、価格ともに穏やかに上昇しており、成約までの日数も短くなっている」と述べ、「戸建て、コンドミニアムとも販売が活発なのは中間価格帯までの物件で、一時取得者層にとっては、とても良い機会になっている」としています。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

2020年1月 オアフ島の不動産統計

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年12月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2019年12月 オアフ島の不動産統計

2019年のオアフ島の不動産市場は引き続き順調

ホノルルリアルター協会(HBR)の新会長、トリシア・ネコタ女史は、「2019年のオアフ島の不動産市況は、2018年と比較すると堅調であった。販売物件が増加し、成約までの日数が若干延びて、中間価格もわずかに上昇したものの、一時の上昇率からすると、年間を通してほぼ横ばい状態にも見える」とHBRのニュースリリースで語っています。

また、「それに加えて、現在の米国の住宅金利の低さと米国経済の底力がハワイの不動産市況を支えており、これらの条件が買い手の購買力を上げ、売り手には、より多くの買い手からのオファーが集まる」と分析しています。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

2019年12月 オアフ島の不動産統計

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年11月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2019年11月 オアフ島の不動産統計

オアフ島の既存戸建て住宅の販売は引き続き好調

ホノルルリアルター協会(HBR)の2019年会長、ジェニー・ブレイディ女氏は「市場は引き続き、活発な動きを見せている。一般的にこの時期は、年末のホリデーシーズンなどでスローダウンしている季節なのだが」と述べ、「特にここ数ヶ月は価格が安定しており、販売戸数の増加が見られる」と指摘しています。

700,000ドルから799,000ドルの価格帯の戸建住宅の販売が36.4%増と最も伸びており、コンドミニアムは300,000ドルから499,999ドルの価格帯の販売が12.9%増加しています。中間価格を通年で見ると、既存戸建て住宅は785,000ドルで、昨年同時期の790,000ドルから0.6%下がっていますが、コンドミニアムは425,000ドルで、昨年同時期と変わりはありません。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年9月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2019年9月 オアフ島の不動産統計

第三四半期の戸建ての販売は引き続き好調

ホノルルリアルター協会(HBR)会長のジェニー・ブレイディ女史は、「2019年第3四半期のオアフ島の戸建市場は、活発な動きを見せました」と述べました。そして、オアフ島の住宅市場について「今年度の初めから今日まで(YTD)の販売戸数は、2018年の同じ時期と比べても引けを取らず、オアフ島の中間価格は安定しています。9月は、中価格帯の戸建て(50万ドルから69万9,999ドル)の成約件数が前月より増加したため、中間価格と平均価格が低下しました。対照的に、中価格帯のコンドミニアム(30万ドルから59万9,999ドル)の成約件数は、先月より減少しました」と語りました。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年8月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2019年8月 オアフ島の不動産統計

8月のオアフ島の物件販売数と中間価格値は安定を保つ

ホノルルリアルター協会(HBR)会長のジェニー・ブレイディー女史は、
「8月のオアフ島の住宅市場は安定しており、戸建てとコンドミニアムは共に昨年同月とほぼ同じ範囲の狭い価格帯で成約されました。
価格の上昇率も活発で2桁を示し、成約日数は市場に多少長く残る状況ながら未だに1ヶ月未満です」と語りました。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年7月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

オアフ島の7月の販売戸数は昨年7月と比べて12.7%も増加

7月のオアフ島における既存の戸建ての販売数は、マーケットの動きは穏やかでありながら二桁台の成長となり、昨年7月と比べて12.7%も増加しました。コンドミニアムは昨年7月と比べて2.2%の増加でした。戸建の中間価格は83万5,000ドルで昨年7月よりも5.8%上昇し、昨年9月に記録した81万2,500ドルの最高価格を上回りました。コンドミニアムは46万1,500ドルで同様に7.5%上昇し、昨年3月に記録した43万5,000ドルの最高価格を更新しました。販売数は前月比で戸建が17.3%、コンドミニアムは16.9%増加し、物件が成約されるまでの日数は戸建てが17日、コンドミニアムは26日間でした。ホノルルリアルター協会(HBR)会長、ジェニー・ブレイディ女史は、「このレベルの年間上昇率は2017年以来のことです。販売数の増加は、過去数カ月にわたりバイヤーが登記に向けてリアルターと共に動いてきた成果を現しています。低金利は、バイヤーにとって予算枠を広げることに繋がったといえます。90万〜119万9,999ドルで成約された戸建ては、昨年7月は51件でしたが、今年の7月は80件でした。また、50万〜69万9,999ドルで成約されたコンドミニアムとタウンハウスは、昨年7月は106件でしたが、今年の7月は149件でした」と語りました。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

<Source: Honolulu Board of REALTORS>