オアフ不動産Movement

2020年2月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2020年2月 オアフ島の不動産統計

2月のオアフ島の住宅市場は好調を維持

ホノルルリアルター協会(HBR:Honolulu Board of Realtors)は、「2月の既存戸建て住宅の販売は、前年同月との比較で18.8%増加し、コンドミニアムは、同様に前年比で1.9%減少した」と発表しました。

また、HBR会長のトリシア・ネコタ女史は「新型コロナウィルスが経済や住宅市場に与える影響や落ち込みは、今後の動向を注視していかなければならない」と述べ、「何れにせよ、マイホームを購入するバイヤーが、米国の歴史上で最も低い金利になっている今の時期を見逃すはずはないだろう」と見ています。

モーゲージ(住宅ローン)の金利は歴史的に見ても低く、3月第1週の「30年固定金利」は3.29%まで下がっています。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

2020年2月 オアフ島の不動産統計

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2020年1月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2020年1月 オアフ島の不動産統計

1月の既存住宅は販売戸数、価格ともに上昇

ホノルルリアルター協会 (HBR:Honolulu Board of Realtors) は、「戸建てやコンドミニアムなどを含めた既存住宅全体の1月の販売戸数は、前年同月との比較で12.6%増加した」と発表しました。戸建ては7.7%、コンドは16.3%の増加です。中間価格は、戸建てが770,000ドルで前年比0.3%上昇、コンドは429,000ドルで同7.5%上昇しました。

HBR会長のトリシア・ネコタ女史は「オアフ島の不動産市況はとても活発で、販売戸数、価格ともに穏やかに上昇しており、成約までの日数も短くなっている」と述べ、「戸建て、コンドミニアムとも販売が活発なのは中間価格帯までの物件で、一時取得者層にとっては、とても良い機会になっている」としています。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

2020年1月 オアフ島の不動産統計

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年12月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2019年12月 オアフ島の不動産統計

2019年のオアフ島の不動産市場は引き続き順調

ホノルルリアルター協会(HBR)の新会長、トリシア・ネコタ女史は、「2019年のオアフ島の不動産市況は、2018年と比較すると堅調であった。販売物件が増加し、成約までの日数が若干延びて、中間価格もわずかに上昇したものの、一時の上昇率からすると、年間を通してほぼ横ばい状態にも見える」とHBRのニュースリリースで語っています。

また、「それに加えて、現在の米国の住宅金利の低さと米国経済の底力がハワイの不動産市況を支えており、これらの条件が買い手の購買力を上げ、売り手には、より多くの買い手からのオファーが集まる」と分析しています。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

2019年12月 オアフ島の不動産統計

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年11月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2019年11月 オアフ島の不動産統計

オアフ島の既存戸建て住宅の販売は引き続き好調

ホノルルリアルター協会(HBR)の2019年会長、ジェニー・ブレイディ女氏は「市場は引き続き、活発な動きを見せている。一般的にこの時期は、年末のホリデーシーズンなどでスローダウンしている季節なのだが」と述べ、「特にここ数ヶ月は価格が安定しており、販売戸数の増加が見られる」と指摘しています。

700,000ドルから799,000ドルの価格帯の戸建住宅の販売が36.4%増と最も伸びており、コンドミニアムは300,000ドルから499,999ドルの価格帯の販売が12.9%増加しています。中間価格を通年で見ると、既存戸建て住宅は785,000ドルで、昨年同時期の790,000ドルから0.6%下がっていますが、コンドミニアムは425,000ドルで、昨年同時期と変わりはありません。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年9月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2019年9月 オアフ島の不動産統計

第三四半期の戸建ての販売は引き続き好調

ホノルルリアルター協会(HBR)会長のジェニー・ブレイディ女史は、「2019年第3四半期のオアフ島の戸建市場は、活発な動きを見せました」と述べました。そして、オアフ島の住宅市場について「今年度の初めから今日まで(YTD)の販売戸数は、2018年の同じ時期と比べても引けを取らず、オアフ島の中間価格は安定しています。9月は、中価格帯の戸建て(50万ドルから69万9,999ドル)の成約件数が前月より増加したため、中間価格と平均価格が低下しました。対照的に、中価格帯のコンドミニアム(30万ドルから59万9,999ドル)の成約件数は、先月より減少しました」と語りました。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年8月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

2019年8月 オアフ島の不動産統計

8月のオアフ島の物件販売数と中間価格値は安定を保つ

ホノルルリアルター協会(HBR)会長のジェニー・ブレイディー女史は、
「8月のオアフ島の住宅市場は安定しており、戸建てとコンドミニアムは共に昨年同月とほぼ同じ範囲の狭い価格帯で成約されました。
価格の上昇率も活発で2桁を示し、成約日数は市場に多少長く残る状況ながら未だに1ヶ月未満です」と語りました。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年7月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

オアフ島の7月の販売戸数は昨年7月と比べて12.7%も増加

7月のオアフ島における既存の戸建ての販売数は、マーケットの動きは穏やかでありながら二桁台の成長となり、昨年7月と比べて12.7%も増加しました。コンドミニアムは昨年7月と比べて2.2%の増加でした。戸建の中間価格は83万5,000ドルで昨年7月よりも5.8%上昇し、昨年9月に記録した81万2,500ドルの最高価格を上回りました。コンドミニアムは46万1,500ドルで同様に7.5%上昇し、昨年3月に記録した43万5,000ドルの最高価格を更新しました。販売数は前月比で戸建が17.3%、コンドミニアムは16.9%増加し、物件が成約されるまでの日数は戸建てが17日、コンドミニアムは26日間でした。ホノルルリアルター協会(HBR)会長、ジェニー・ブレイディ女史は、「このレベルの年間上昇率は2017年以来のことです。販売数の増加は、過去数カ月にわたりバイヤーが登記に向けてリアルターと共に動いてきた成果を現しています。低金利は、バイヤーにとって予算枠を広げることに繋がったといえます。90万〜119万9,999ドルで成約された戸建ては、昨年7月は51件でしたが、今年の7月は80件でした。また、50万〜69万9,999ドルで成約されたコンドミニアムとタウンハウスは、昨年7月は106件でしたが、今年の7月は149件でした」と語りました。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年6月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

オアフ島の6月の販売戸数は減少、販売価格は上昇

ホノルルリアルター協会(HBR) 会長のジェニー・ブレイディ女史は、「オアフ島の住宅市場は昨年同月と比べると販売戸数は減少したものの、依然として活発で競争力が備わっている。在庫数の増加も見られ、殆どが30日以内の販売日数で売却されている。リアルターに売却を依頼した売主の物件の中間価格は、戸建ての場合はオリジナル販売価格の98.2%、コンドミニアムは97.2%で成約された。知識と経験が備わったリアルターは、販売促進に最適な方法で物件を売却に導く」と語りました。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年5月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

オアフ島の5月のコンドミニアム販売数は増加、中間価格は下落

ホノルルリアルター協会(HBR)会長のジェニー・ブレイディ女史は、「オアフ島の住宅市場は中間価格も販売数もともに、全米および主な大都市圏と同様に緩やかな上昇傾向にある」と語りました。30年固定の住宅ローンの金利は4%未満になり、2018年1月以来の低金利になったことから、夏が訪れる前に消費者の購入決定に拍車がかかるかもしれません。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

<Source: Honolulu Board of REALTORS>

2019年4月の不動産Movement

先月のオアフ島における不動産取引価格の推移は以下の図のようになっています。

4月は、オアフ島の戸建て住宅の販売成約物件数が飛躍的に増えました。ホノルルリアルター協会(HBR:Honolulu Board of REALTORS) 会長のJenny L. Brady氏によると、3月までの低迷から一気に脱却し、戸建ての販売件数は10%も増加したとのことです。住宅ローン利率の低さと豊富な在庫物件数(昨年4月との比較)が、バイヤーにとって好機会となったようです。一方、コンドミニアムの販売数は減少したものの、件数としては決して少なくはなく、良好な市場と言えるでしょう。

詳細な統計はこちらをご参照ください。

<Source: Honolulu Board of REALTORS>